google-site-verification=FQw-bJDaJ6-BJck01zPJlALT21PBH8mO0BS8c-1Ed6s


人生 × 僕 = 株式投資 = HUNTER × GAME

★初めての方へ★
自己紹介はこちら。用語解説はこちら

お疲れ様です。

トレード方法は人それぞれで、どの方法を使っても確実に勝てる方法ってないじゃないですか。

まあ年に一回あるかないかの暴落の時だけ仕込んでリバ取るのが1番確実かもしれないですが、あれってすごく効率悪いですよね。

そもそも来るか分からないし、来ても充分仕込めるか分からないので、上手く行けば年間で総資産の数十%取れるかもしれませんが、タイミングよく、更にフルポジ仕込める訳ではないので大抵は数%取れればいい方かなと思います。

今の私のように普段からトレードして損するくらいなら、暴落を待って数%でも確実に取った方がいいと思いますが、それでは私レベルの資金だといつまで経っても専業になれません。

確実に増やす分についてはNISAで米国株買ってるから最悪それをあと30年続けながら本業頑張ればいいので、残りの枠は例え減ったとしても挫けずトレードしたいと思います。

で、色々と調べてて思ったのですが、決算書見ててもそれで株価がどうなるか私にはさっぱり分からんのですよ。

これでこんな下がるの?って言うのもあればなんで上がんの?っていう銘柄ばかりです。

株価を予想してもしょうがないってやつです。

ツイッターとか見ててもこれまでの決算書を読み込んでよくその企業のことを理解した上で増配、上方修正、株式分割、増資を予想して決算跨ぐ人多いです。

私みたいに「今回決算良さそうだな~。」と何となく決算勝負してる人全然いません。

まあだから決算跨ぐの出来るだけ我慢してるんですけど。

SUMCOは第3四半期見通し悪くなると思ってなかったんでそこは甘かったですけど損切りしなかったのは失敗だったかなと反省してます。

みんながやっているから自分もやらなきゃな、ではなく、自分に出来るトレードをしなきゃいけないなって実感しました。

結果はまだ出ていませんが、私でも出来ることって結構あるんですよ。

あとは外れた時にすぐに損切りし、当たった時に利を伸ばすことが出来れば成績良くなるような気がしてます。

だからこんなに負けてても辞める気にならないんだろうけど…。

例えばこの間まで粘着していて結局損切りに終わったips。

元々は立合外分売きっかけで触ったのに思惑と外れて下がったのを業績がどうだ株価が安値だと理屈こねて塩漬けし始め、材料出て一旦吹いたら利食いするどころか買い増しして利を伸ばそうとして結局20万円の損切り。

逃げるチャンスはあったし、サインも何回かあったんです。

それでも1度見た+40万円の含み益に目が眩んでズルズルと上がる材料を探してしまった。

ただ、最初のきっかけが大事で、それが外れた時点でほんとは諦めるべきなんですよね。

上場企業なんだからいいところはたくさんあるし、上がる材料も探せば出てくるわけで。

要はインした理由とホールドする理由を途中で変えちゃいけないってことなんだと思います。

ログリーやスプリックスもそうでした。

ログリーはツイッターきっかけなのに(←この理由がまずヤバい)特許が気になり損切りせず、スプリックスは逆日歩きっかけなのにプログラミング教育が小学校必修科目になることでホールド。

インしたきっかけは外れたのに違う理由に置き換えてトレードしちゃダメですね。

違う理由でホールドするなら一度処分してから再度タイミングや株価を考えてインするべきでした。

元々暴落時の底値でフルポジ仕込めていれば焦って変な銘柄に飛び付いたりしないんだけど、今年は色々と歯車が狂ってしまって損するトレードばかりしてます。

でもほんとはかんぽ生命の不正営業やセブンペイ問題のアクリート(二重認証)みたいに毎週何かしら材料が出る銘柄はあって、私レベルでも注意していれば取れそうなチャンスはコンスタントにあるんですよ。

理解もできないクセにIPO銘柄の決算短信などを読んで決算ギャンブルしたりするのではなく、身近な物や見慣れた銘柄に関連する材料などを探してトレードするような、自分に出来ることをコツコツやっていきたいと思います。

失う時よりも増やすペースは遅くなってしまうけど、再現性のある確実なトレードを心がけなくちゃね。




ボタンを押すとブログランキングが上がってブログ更新のモチベーションに繋がりますのでポチっとお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック