google-site-verification=FQw-bJDaJ6-BJck01zPJlALT21PBH8mO0BS8c-1Ed6s


人生 × 僕 = 株式投資 = HUNTER × GAME

★初めての方へ★
自己紹介はこちら。用語解説はこちら

お疲れ様です。
今日はインドでコンビニ事業を展開することに注目が集まっているインパクトホールディングス(旧メディアフラッグ)を振り返りたいと思います。

◯チャート
IMG_20190608_205712
2月の決算発表から上がり始め、2月末に四季報きっかけで2,000円からストップ高後、調整を挟みながらも度々暴騰し、3月には5,000円、5月には6,000円をつけ、現在4,000円付近まで調整中です。

3ヶ月で2,000円→6,000円→現在4,000円の半値戻し。MACDのヒストグラムが減少に転じているタイミングでもう少しすればシグナルもGCしそうな形です。

下値支持線と価格帯別売買高の多い値位置で反発しており、ここら辺で下げ止まったように見えます。
_20190608_211718
昨年7月の安値が844円なので、現在半値戻ししたとはいえ昨年安値から比べるとまだまだ高値圏になります。

ただ、一目均衡表の雲の上で支えられており、そこで反発している形になっているので、ここで持ちこたえることができれば再度高値にチャレンジする可能性もありそうです。

直近高値から比べると30%ほどの下落となりますが、チャートの形としてはまだトレンドが崩れたような印象はありません。

◯買った理由やタイミング
インドでコンビニ事業を展開することに注目が集まり直近株価高騰しています。移動平均線のところまで下がってきたタイミングで打診買いしようと思って待っていたところ、5日線割れ、25日線割れしたので75日線まで待とうと思っていました。

そこに6/6引け後に下記の適時開示が出て7日に大幅GUしました。
_20190608_214034
前日終値4,100円、金曜始値4,600円で+10%以上の寄りつき後に4,640円までしか上がらずそのまま10時半前には3,995円と前日よりもマイナスまで落ちました。

朝10%以上で始まった時はもう置いていかれたなと思いましたが、+2%まで落ちてきたところが25日線のところだったので、節目かなと思い、100株買ってみました。

◯企業情報
色々やってますが今回は他は無視して、コンビニ事業だけ注目します。

簡単に言うとインドのアッパーミドル3.5億人向けにキヨスクタイプや通常のコンビニ事業を「既存の店舗を活用して」展開していこうというものです。

通常外国で事業展開するのは大変難しいと思いますが、当社はインド最大のコーヒーチェーンと提携し、既存の店舗をコンビニに改装して事業展開するようです。
IMG_20190608_220836

2,700店舗あるそうです。

既存店を活用するので初年度から黒字見込み。
_20190608_221450

そして当社の代表はセブンイレブン出身のコンビニのプロです。
IMG_20190608_221306

当然セブンの手法であるドミナント戦略。
_20190608_221420
今後も決算を見ながら期待していきたいです。

◯ファンダ
時価総額:225億円
予想PER:27倍
実績PBR:11倍
予想PSR:1.3倍
_20190608_223454
前期の売上高の実績が62億円で、今期170億円計画なので、実績で見た場合は現在の株価は割高になりますが、計画通り事業が進めば予想PERは27倍でPSR(時価総額÷売上高)は1.3倍なので特段割高ということはありません。
※楽天証券のステラジストの窪田さんによれば、PSR0.5倍は買い、20倍以上は売りの目安とのことです。

さらに来期は売上高270億円を目指しているので計画通りに事業が進めば現在の株価は正当化されますが、既にそれを織り込んでいるのであれば当然リスクも高いです。

SBI証券の分析ツール
_20190608_222058
割安性だけが極端に悪いですが、テクニカルとトレンドは10点と高評価。

◯機関空売り
_20190608_224241
モルガンとGSが空売りしてます。最近のきつい下げはこいつらのせいかな?量は多くないようですが(浮動株約180万株)。

◯信用残
_20190608_224851
信用倍率1倍くらいですね。5月前半に空売りしてた人悲惨だったでしょうね。含み損25%抱えてる私よりはマシだと思いますけど…。

◯今後の見通し
将来性があるとはいえ今は夢を見ながら勢いだけで上がってきた反動で売られている状態だと思いますので、3月の急騰前に全モする可能性も0ではありません。

上昇トレンドのうちはホールドしたいと思いますが、移動平均線を割るようであれば素直に損切りした方が良さそうです。

ただし、今のところ一目均衡表の雲の上で反発しており、下値支持線も割れていないことや、金曜日が値幅10%以上で出来高急増していることから、空売りの買い戻しと直近含み損組の損切りがだいぶ進んでいることが期待できます。

関税問題も先延ばしされ外部環境は良さそうですので、ここまで続いた調整が一旦落ち着いて月曜日から上昇するのではないかと期待しています。

◯損切りライン
無理せず下がるようなら損切りします。目安としては含み損になったらすぐに損切り。ただ、1日で10%動くこともあるので非常に難しいため、日中の%は気にせず終値で判断したいと思います。

75日線あたりの3,700円を明確に割って下落トレンド入りするようなら損切りするイメージです。

前期の売上高を元に株価を試算した場合、昨年の7月の安値が844円、今年2月の決算発表前の安値が1,200円くらいなので、来期売上高が目標(前期の5倍弱)に届いたとしても、株価4,000円~6,000円(844円~1,200円の5倍程度)が上値余地かなとも思います。

オーバーシュートすれば株価1万円もありかもしれませんが、決算が順調なことに加えブームになるなどの勢いが必要ですね。

正直この銘柄については見つけるのが遅かったかなと思っているので、トレンドが崩れるようなら固執しないつもりです。

ブログランキングへの参加を再開しました。
ボタンを押していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック