google-site-verification=FQw-bJDaJ6-BJck01zPJlALT21PBH8mO0BS8c-1Ed6s


人生 × 僕 = 株式投資 = HUNTER × GAME

★初めての方へ★
自己紹介はこちら。用語解説はこちら

お疲れ様です。
今日は含み損がなかなか大きくなってきたIPSを振り返ってみます。

◯チャート
_20190601_101707
5/10に決算発表があり経常利益+20%増でコンセンサスと同水準でしたが、決算発表後に大きく下落し、現在も上場来安値付近となっています。

◯買った理由やタイミング
下落の要因は決算と同時に発表した立合外分売(5/21実施)だと思ったので、これを過ぎれば反発するかなと思い、底値圏だった5/20(分売期間の前日)に短期のつもりでお試しで仕込みました。

翌日寄り前の気配は+20%くらいになっていましたが実際には少し高値で始まった後そのまま下落し、結局前日比マイナスで終わってしまいました。

その際一旦損切りしたのですが、株価が立合外分売の価格(前日終値より3%ディスカウント)くらいの株価になって少し反発したのを見て「分売価格に寄せただけか」と判断し、そこで買い直したところ、予想に反して翌日以降も全く反発せず下げ続けています。

◯機関空売り
_20190601_102101
ドイチェ?とモルガンの空売りが合計18万株くらい入っていますが、発行済み株数が1,200万株ほどあるのであまり影響なさそうです。

◯信用残
_20190601_102033
上場来安値(上場したのが昨年なので)になってきた5/20の週で信用買い残が20万株以上増えてます。

みんな底値圏で反発が近いと判断しているのだと思いますが、貸借銘柄ではないため空売りが入っていません。

買い方は全員含み損なので、信用買い残が重しになる可能性があります。

◯今後の見通し
IPOしたてで増収増益の成長企業の割にPERは20倍以下、MACDも反発しそうな形をしており、上場来安値圏なので下値の余地は限られていると思いますが、いかんせん外部環境が悪いのでもうしばらく反発に時間がかかるかもしれません。

ただし、同社はフィリピンでの事業がメインですが市場自体が拡大傾向にあるため、今後も継続して業績が伸びていく可能性が高く、現在は需給の関係で下落しているだけだと考えています。

決算説明資料から↓
_20190601_103020
今の下落も短期的なものかと。

まあ会社説明ではいいことしか書かないだろうし、フィリピンの政治情勢とか悪化すると前提が崩れますけどね。

そこは次の決算の数字とかを見て判断すればよいかなと考えています。

◯損切りライン
なし。プラ転したらポジ数は半分にする予定ですが、今後も成長していく企業だと思っているので減益予想などにならない限りは保有しようと考えています。

ただ、最初のインのタイミングはMACDの形は無視して立合外分売の期間だけ見て判断しており、分売後の動きが外れたら損切りするとブログにも書いていましたが、実際に含み損になった時点で一旦損切りしたものの、すぐに買い直してしまったことは失敗ですね。

最初にインした理由(立合外分売)と現在保有している理由(業績期待)が違っているので、本当は直近底値を割れた時点で損切りし、MACDが反転するまで再インするのは控えた方が良かったかなと反省しています。

こういう展開は塩漬けにする理由を無理やり探してあがいている状態と変わらないと認識しているので、さっさと損切りしよーかなとも思いましたが、実際にここで売るほど危機的な状況とも思えないのでそのままホールドしています。

結果オーライと言える展開になるといいんですが…。

(追記)

人材の派遣も含め色々良さげ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック